医療レーザー脱毛は効果が高い

医療レーザー脱毛は光を使う方式の脱毛でも効果が高いので、短期間で確実に処理を行いたいときに適している方法です。

皮膚に向けてレーザーを照射し、これがメラニン色素を多く含んでいる毛根に吸収されて発熱することで毛母細胞に熱が伝わってダメージを与え、毛の再生能力を低下させる原理です。照射時に皮膚の表面に出ていない毛には効果がありませんが、毛が入れ替わるタイミングで繰り返し施術を受けると効率良く脱毛できます。医療レーザー脱毛がエステや家庭用の脱毛機と大きく異なっているのが出力の高さです。

日本人の皮膚にもメラニン色素は含まれているので、照射した際に熱を持ちます。そのため、高出力のレーザーでは火傷する危険性があります。医療レーザー脱毛は医療機関で受けられる方法であり、施術には医師免許が必要です。事前に皮膚の状態を確認して出力の調整を行うので高い出力でも安全性の高い施術が行えます。これに対してエステなどの脱毛は火傷の危険性があるので出力が抑えられており、効果が弱くなります。医療機関で施術するので麻酔が使えることも特徴です。

皮膚の強さには個人差があり、過敏な人は弱い出力にしていても痛みを感じます。痛みが気になる場合には麻酔を使ってもらえば利用しやすくなります。また、少なからず皮膚はダメージを受けるので施術後にそのままにしていれば肌が荒れる場合がありますが、炎症を抑えるクリームなどの処方も行っているのでアフターケアの面でも安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *